焼けるような激的な痛みが襲うモルトン病

足の指の間(第3趾と4趾の間)の疼痛、しびれ、などの有痛性神経腫が発生した結果おこる病気です。

神経腫ですが腫瘍ではなく、偽神経腫という足裏の神経が靭帯に圧迫されて変形し腫大します。

悪性腫瘍のように広がったり、転移したりはせず命に関係はありません。

主な症状は前足部足底の有痛性の腫瘤であり、起こりやすい障害部位は第2-3、または第4-5足趾間に発生しやすい傾向があります。

痛みは強い事が多く、ピリピリと深部に灼けつくような痛みやしびれ、感覚低下などが症状として表れる事もあり下腿まで及ぶことがあります。

モルトン病になる原因

横幅の窮屈な靴の使用
外反母趾や浮き指により足指が地面に接地しない浮き指歩行をして、足裏が舟底型、すなわち逆アーチとなり、4趾の付け根に負担をかける歩き方をしてしまう事により起こる場合もあります。

中腰を続ける作業や長時間のつま先立ち、常時ハイヒールを履いているなどの場合にも同様な姿勢で発症しやすくなります。
開張足・外反偏平足による前足部変(負荷の増大)

中年以降の女性に多く、軟骨が変形し易いという特徴もあり関節リウマチ、ヘバーデン結節がある人は発生頻度が高まります。

モルトン病による診断

確定診断は筋電図検査、MRI検査、超音波検査、などを行います。

足趾間に感覚障害があり、中足骨頭間足底の腫瘤と神経傷害部を叩くと、その領域に疼痛の感覚があれば診断は確定できます。

足趾を背屈したり、つま先立ちすると痛みを強く感じます。
モルトン神経腫はMRIには写りますがX線写真やCTでは写りません。

第3,4趾の中足骨骨頭間に腫瘤を触れ、ほてり感、圧痛、放散痛があることが確定診断の判断材料になります。

モルトン病で行われる治療

保存的療法
まず、足底挿板、靴の中敷き(インソール)などを用いた保存的治療をします。
ゆがんだ骨を矯正して足の形を正しく保つ効果を期待できます。

局所の安静、薬剤内服、ブロック注射、運動療法などを行います。
3ヵ月程経過し症状が回復しない場合は手術が必要になることもあります。

手術療法
神経剥離、深横中足靱帯などの切離、神経腫の摘出等の手術が行われます。

運動療法
足指の関節を曲げ伸ばして、血行改善を心がける。痛みが強い時は控えて下さい。
そして症状はステロイド注入で改善するケースが多いとされています。

日常生活で注意すべき事

出来るだけ幅の広い靴を履く。足先に負担がかかりやすい中腰の姿勢は注意が必要。
自分の足に合った靴を履き、足を十分に休ませることが大切です。